実習生へ

【例文】実習園への電話のかけ方

実習にとっての初めての壁…それが実習園への電話です。

これが、例文手元にあるのにど緊張するんですよ。

普段使わない言葉や言い回しを使うので、緊張で変な言葉がでてしまったり、、、

保育実習を充実させるために、今回は電話のかけ方について簡単にまとめていきたいと思います。

もうここから実習は始まっています…

常識と誠意をもって電話しましょう

保育実習では、オリエンテーションの依頼など、実習園に電話をすることが何度もあります。しかし、日頃からLINEなどでやりとりをすることが多く、電話をかける機会が少ないために、電話が苦手な実習生は少なくありません。

電話は、お互いの表情が見えない分、声のトーンやちょっとした言葉使いなどで、話す人の人柄が伝わります。ですから例え流暢に話せなくても、常識と誠意をもって電話をかけることが大切です。

子ども達がお昼寝しているときや、降園した後など、保育が一段落する時間帯を見計らって電話をかけましょう。話す内容は最初に書き出しておき、ゆっくりハキハキと順に話します。日程や実習内容の確認があるかもしれないので、スケジュール帳や学校で配布された関係資料を手元に準備しておくことも忘れずにしましょう。

【例文】オリエンテーションの依頼の仕方

電話をかける時間帯は幼稚園なら、子どもが降園する14時30分以降

保育園なら子ども達が午睡している、13時00分~14時30分が好ましい。

朝はいちばん忙しく、保護者の電話もかかってくるため、かけない。

17時00分以降もかけないようにする。

 

例文

pruuuuu pruuuuu

実習生
実習生
お忙しいところ申し訳ございません。私は、〇〇大学〇〇学部〇〇年〇〇 〇(名前)と申します。〇月〇日から、実習をさせていただくことになりました。受け入れてくださり、どうもありがとうございます。
本日は、事前オリエンテーションの日程の件でご連絡致しました。実習担当の先生は、いらっしゃいますか?

 

(担当の先生がでたら)

 

実習生
実習生
お忙しいところ恐れ入ります。私は、〇〇大学〇〇学部〇〇年〇〇 〇(名前)と申します。このたび〇月〇日より、実習をさせていただくことになりました。どうぞよろしくよろしくお願い致します。
本日は、オリエンテーションの日程をご相談させていただきたく、お電話いたしました。

 

(訪問する日程を約束して、復唱し確認する。)

 

実習生
実習生
お忙しいところありがとうございました。失礼致します。

 

(相手の先生が受話器を置くのを待ってから、電話を切る)

 

  1. 名前を名乗る(学校名・氏名)
  2. 「お忙しいところ恐れ入ります。実習担当の先生はいらっしゃいますか」
  3. 相手が変わった場合、もう一度、学校名と氏名を言う。
  4. 「実習を引き受けてくださってありがとうございます、実習のオリエンテーションのことでお電話させていただきました・・・」と話を始める。確認することは、オリエンテーションの日時と用意するものなど。
  5. 一園に2以上お世話になる場合は、責任者が代表して電話をするが、他の学生もその場に居合わせる。「本日は〇〇が代表してお電話させていただいておりますが、〇〇もお世話になります。」と一言申し上げる。
  6. もう一度日時を確認したら、「ありがとうございました。どうぞよろしくよろしくお願い致します。失礼致します。」と申し上げて終わらせる。(相手が切ってから切るのがマナー)

学生が間違えやすい言葉使い&言い回し

×
すみません

もしもし

お忙しいところ

申し訳ございません

○○ 〇(名前)と

いいます

○○ 〇(名前)と

申します

〇〇先生いますか? 〇〇先生はいらっしゃいますか?
わかりました。了解です。 承知いたしました
この日は無理なんで、すみませんが〇月〇日にしてもらえませんか? 申し訳ございません。〇月〇日の〇時は授業の時間にあたっております。△~□曜日の〇時以降のご都合のよい日程で調整をお願いしたいのですが、いかがでしょうか?

 

園長
園長
緊張するのはわかっています。間違えてしまうのもしょうがないです。しかし誠意がないのはいけません。電話していると、この子はしっかり事前に準備したかどうかはすぐにわかります。実習は電話から始まっていますよ!

実習の第一歩の電話です。

普段使わない言葉を使うため、緊張しますよね。しかし手元にメモがあれば、なんとかやっていけます。

実習は電話から始まっています。

落ち着いて丁寧に、「実習させてくれてありがとうございます」と誠意をこめて電話しましょう。

 

保育士×子育て×SNS
えす先生
公立保育園勤務7年目の保育士です。 保育をしていて感じたことや学んだことをブログに書いていきます。 保育学生。子育て中のおとうさんおかあさん。子どもにまつわるすべての人に役立つ保育ブログを目指します。
\ Follow me /