お母さんへ

保育園で楽しむハロウィン!由来や各年代の製作!!

ハロウィンの季節になると、近所の子ども達がお菓子をもらいにやってくる。

いつからこんな風習が日本にやってきたのか??

私が子どもの頃は、あまりメジャーではなかったが、今ではどこへいってもハロウィンのイベントをしている。少しずつ日本にもこの文化が定着しているみたいだ。

知っている人もいるけれど、ここでもう一度「ハロウィンとはなんぞや?」を確認していこう。

そして保育園でのハロウィンの製作や楽しみ方を紹介していきます。

の由来

古代ヨーロッパのケルト人の1年の終わりは、10月31日だった。そして、この日に死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたが、それと一緒に怖い魔女や精霊も現れるとされていた。その魔女達から身を守るために仮面をかぶり、魔除けの火を焚いた。この時使用したのが、かぼちゃのローソク=ジャックオーランタン。そして現在では、「トリック・オア・トリート(ごちそうをくらないといたずらしちゃうぞ)」と捉えながら、お菓子をもらうようになりました。

日本での始まりは、ディズニーランドと神奈川県川崎市での仮想パレードだったそうです。

日本人の得意なコスプレとうまくマッチしていますよね。

由来だけ聞くとなんだか難しいです。

園児
園児
ハロウィンはなんで仮装するの??
えす先生
えす先生
みんなで変身して、悪いオバケや魔女の服を着て、オバケや魔女の仲間のふりをして連れて行かれないようにしたり、オバケたちがビックリして逃げていくように、オバケよりももっともっと怖い格好をするんだよ。

 

園児
園児
なんでトリック・オア・トリート(お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ)というの?
えす先生
えす先生

ハロウィンにやってくるオバケや魔女は、勝手に人の家に入って、みんなのご飯をぜーんぶ食べて行っちゃうんだよ。今日の分も、明日の分も、その次の日の分も、ぜーんぶ!

困った人たちは、オバケ用のご馳走を作って、それを食べてお家に帰ってもらうことにしたんだって。

だからオバケの格好をした子供が『トリック・オア・トリート!』って言ったら、お菓子をあげることにしたんだよ。イタズラされたら困るからね!

保育園で楽しむハロウィンのゲーム

ジャックオーランタン(かぼちゃのお化け)で福笑い

おばけやパンプキンの輪郭と顔のパーツをそれぞれ作り混ぜ合わせます。子供に目隠しをして手探りでパーツを探し、おばけやパンプキンの顔を作ってもらいます。パーツは大人が作ってもいいですが、子供が作ると個性的なキャラもできあがって面白いです。

スタンプラリーでトリックオアトリート

たてわりのグループになり、3歳4歳5歳で手を繋ぎ、保育園に隠れているスタンプを協力して探します。スタンプを全部集めたグループから、トリックオアトリートといってお菓子をもらいましょう。ハロウィンのスタンプは可愛いです。

手作り衣装でファッションショー

↑手作りフォトスポット

各クラスで手作り衣装をつくり、ファッションショーをしましょう。フォトスポットも作ると盛り上がりますよ。

 

ハロウィンの製作

0歳児の足形ジャックオーランタン

  1. 子どもの足形を3つとります。
  2. ジャックオーランタンの顔のパーツを貼り付ければ
  3. 完成!

2歳児のジャックオーランタン

  1. 顔のパーツとかぼちゃの台紙をのりで貼っていく(糊の経験)
  2. いろんな表情のジャックオーランタンが
  3. 完成!

4歳児の折り紙(魔女・お化け・コウモリ)

  1. ハロウィンに関連のあるおりがみをチョイス
  2. 子どもと折る
  3. リボンにくっつければ
  4. 完成!

5歳児の手作りハロウィンパペット

  1. トイレットペーパーの芯に折り紙をくっつける。
  2. あとは表情や手足はオリジナルの物で
  3. ハロウィンパペットの完成!

 

ハロウィンをすることにも、ねらいがあって、どんなことを感じてもらいたいのかをしっかりと見極めてから、製作や集会を楽しみたいですね。

ただ怖がらせるだけのハロウィンにならないように保育していきたいですね。

仮装するのも、それを見るのも好きです~

あわせて読みたい

おかあさん向け

保育園・親子で楽しむ手作りハロウィン仮装グッズ

 

保育士×子育て×SNS
えす先生
公立保育園勤務7年目の保育士です。 保育をしていて感じたことや学んだことをブログに書いていきます。 保育学生。子育て中のおとうさんおかあさん。子どもにまつわるすべての人に役立つ保育ブログを目指します。
\ Follow me /