保育士へ

信頼を深めるクラス保護者会とは?(保護者アンケートより)

年度初めの保護者会は、保育者と保護者がじっくり向き合える大切な時期です。

保護者に安心してもらえる伝え方や、保護者同士の親睦を深め、お互いに信頼関係を築くための工夫を、保護者のアンケートをもとに伝えていきます。

保護者会の役割とは??

えす先生
えす先生
送迎時に会えるのにあえて保護者会を開く意味はどこにあるのでしょう?

保護者会は、同じクラスの保護者と保育者が一堂に会します。子ども一人一人ではなく、集団としての成長を伝えることで、保護者が悩みや喜びを共有し、連帯感や園への協力意識を持つことができます。

子ども達が普段活動している保育室に身を置いてもらうことで、保護者が子ども達の保育園の世界に触れられるのも、利点の一つです。

またくり返し、園の方針を伝えることで保護者の中に園の考えが浸透し、保育者と保護者が共通意識を持つことができます。

保育園と家庭が協力して、共に子育てをする環境をつくることが、保護者会の大きな役割なのです。

 

『保育園での子どもの様子が知りたい』

友だちとどんな遊びをしているの?

仲良くできているかな?

家で保育園の様子を話してくれない。

普段の姿が知りたい。

我が子の保育園での様子を知りたい保護者がほとんどです。

それでは保護者に上手く伝えるために保育士が意識することはなんでしょう?

子どもの様子を上手く伝えるには??

保護者会では、園での子ども達の姿を具体的に伝え、今の時期の発達の特徴や課題、今後の見通しについて、保護者に理解してもらいたいものです。

そのためには、保護者の気持ちに寄り添いながら話すことが大切です。まずは、楽しいエピソードや成長した点など、明るい話題から入りましょう。保育者、保護者共に不安が軽くなり、場が和みます。

子どもの成長をについて伝える時は、具体的なエピソードを交えつつ、保育者の専門的な視点から、論理的な裏付けの話をプラスするのも、保護者の理解を助けます。

しかし、一番効果があり、保護者の満足度が高いのは、写真や映像です。

写真や映像を使ってクラスの関わりを視覚的に伝えるのが一番です。

映像を途中で止めながら、どのような関わりに注目してみてもらいたいかを説明すると、ただのビデオ上映会にならなくて、良いと思います。

保護者(感想)
保護者(感想)
日常の保育を映像で上映しながら、それぞれの子の成長の様子を話してくれて、親たちは泣いて笑って、大盛り上がりでした。

他にも…

子ども達の作品や拾ってきた宝物(石や枝)をクラスに飾るのも良いでしょう。

 

保護者会に参加して「よかった!」と思ったことは?

 

実際に保護者会を実施して、保護者の方からいただいた感想です。

 

保護者(感想)
保護者(感想)
子ども達が好きな絵本を、子どもに読むのと同じように読んでくれました。子どもが普段楽しく過ごしていることが想像できてよかったです。

子ども達が大好きな絵本を保護者の方に紹介がてら読みました。

大人になって絵本を読んでもらう経験があまりなく、新鮮。また保育者の子どもを引きつける絵本の読み方の巧さに驚いていました。

 

保護者(感想)
保護者(感想)
事前に保護者の悩みをアンケートで集め、当日はその悩みについて的確に答えてくれました。

事前に子育てについての、悩みや不安をアンケートで集める。その悩みに対して、全体の場で答えても良いですし、小グループの懇談会の場の議題として設定するのも良いでしょう。

悩みを共有したり、兄弟のいる先輩お母さんからアドバイスをもらうことで、保育者からとはまた違う意見をもらい、不安の気持ちを理解し合えるでしょう。

 

保護者(感想)
保護者(感想)
今まで話したことのない保護者と、繋がりが持てたことがよかったです。

地域の繋がりが薄くなった現在、保育園が窓口になって保護者の人間関係を広げていくことが求められます。

 

保護者(感想)
保護者(感想)
久しぶりに製作をして、子どもの頃に戻ったようでした。

クラスに飾る子ども達の作品の背景を製作してもらいました。子ども達に還元できて、子どもの作品とコラボできるのが嬉しいようです。

↑↑保護者の手作りです。

製作しながら和気あいあいと保護者同士話をしていました。

 

☆親睦が深まりました☆

【誕生日ゲーム】

言葉を使わず、ジェスチャーだけで誕生日順に並ぶゲームです。お互いの誕生日がわかり、見事全員誕生日順になれば大盛り上がり間違いなし。

 

【子どもの遊び】

“むっくりくまさん”など普段子ども達が楽しんでやっている遊びを保護者同士で行います。また年長児だと、子どもチーム対保護者チームで対戦も盛り上がるでしょう。

 

【保育者の寸劇】

保育園の子どもの様子を劇を通じて自然に伝わったようで、みなさん笑顔で見てくれました。保護者と保育者の距離が縮まった気がします。

 

自己紹介のお題アイデア

保護者会で盛り上がった、自己紹介のお題とエピソードを紹介します。

 

『子どもの名前の由来』

⇒お互いの子どもの名前を覚えるきっかけになると、好評でした。

 

『子どもの良いところ』

⇒皆さん照れながらも話してくれて、場が和やかになりました。

 

『私の趣味は○○です』

⇒子どもの話だけではなく、自分のことを話すことで保護者同士のやりとりが増えました。

 

『私の好きな○○』

⇒好きな動物。好きな食べ物。好きな色。などあまり考えなくて良いものだと気軽に参加できる。

 

何がでるかな?何がでるかな?何がでるかな?テテテテン…

とサイコロを転がして、お題を決めるのも楽しいです。

まとめ

保育者としては1年間のクラスの保育の目標などを伝えたい。

しかし保護者は普段の子どもの様子を知りたい。

この双方の気持ちのバランスを取りながら、保護者に寄り添った保護者会を計画することが大切になってきますね。

クラスの保護者のカラーを見極め、満足いく保護者会を計画したいですね。

保育者と保護者の連携が密になればなるほど、それが子どものためになる。

 

2019年度 4歳児保護者会 実施報告5月に保護会を行いました。 その時の流れや資料を紹介したいと思います。 保護者会の流れ 【13:15~14:45】 ...
保育士×子育て×SNS
えす先生
公立保育園勤務7年目の保育士です。 保育をしていて感じたことや学んだことをブログに書いていきます。 保育学生。子育て中のおとうさんおかあさん。子どもにまつわるすべての人に役立つ保育ブログを目指します。
\ Follow me /